« #59.突然の別れ(1) | トップページ | #61.突然の別れ(3) »

#60.突然の別れ(2)

真緒「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・え?」

私は、その言葉が理解できなかった。

・・・・・・・・・・・・・・別れる?????

一気に私の目から涙が溢れ出る。

                                                     .

私は、その場に泣き崩れ、

                                                      .

もうすでに

                                                      .

何も考える事ができなかった。

                                                      .

頭が真っ白になり

                                                      .

私は気を失った。

                                                      .

モウロウとする意識の中

                                                      .

アイツはびっくりし

                                                      .

私を抱き抱えてくれたのが分かった。

                                                      .

私は、彼の腕の中で

                                                      .

「別れないで・・・・・・お願い・・・・・・」

                                                      .

と、声を振り絞り

                                                      .

ひたすら言っていた気がする。

                                                      .

                                                      .

こんなに好きなのに・・・・・・・・・・・

                                                      .

・・・・・・・・・・・どうして・・・・・・・・・・・

                                                      .

                                                      .

気を失っていたのはそんなに長くなかったようで

                                                      .

アイツの呼びかける声で

                                                      .

私は意識を取り戻したが

                                                      .

・・・・・・・もう、

                                                      .

なにも考える事ができない・・・・

                                                      .

                                                      .

私は、アイツの車の助手席で

                                                      .

落ち着くのを待った。

                                                      .

薬指にはめられた

                                                      .

輝く指輪を見つめながら・・・・・・

                                                      .

アイツは、その間、

                                                      .

黙って隣に座っていた。

                                                      .

                                                      .

                                                      .

           つづく

                                                      .

読んでくれてありがとう

                                                      .

また来てね

                                                      .

↓クリックしてくれると嬉しいです

|

« #59.突然の別れ(1) | トップページ | #61.突然の別れ(3) »

「突然の別れ」カテゴリの記事

コメント

ほんと好きだったんですね。
ってそりゃそうか(-。-;)
う~ん、アイツ君どうしちゃったんだろ・・・

投稿: リアル★ | 2008.03.11 22:13

いやーー。本当に理解できない男っているよねー?
あたしも、いまだに8年前に付き合ってた人の摩訶不思議な行動が理解できなくて気になってるもん。
そういう意味ではいまだに忘れられないし!

続きたのぴみ(^^♪

投稿: ちみにゃん | 2008.03.12 00:31

のあー;;;;
胃のあたりがむぎゅーってなりました;;
脱力しちゃうですよね・・・(ΩДΩ)

 

投稿: あんみつ | 2008.03.12 10:13

凄いなぁ。。。

いや何が凄いかって、maomanoさんの愛の深さがさ^^;
気を失うってのは半端な愛では、こうはならないよ。

ここまで一人の人を愛せた(過去形だけど・・)ってのは、maomanoさんにとって良くも悪くも色んな意味で、人生の歩みとして自分が大きく成長できたんじゃない?^^

結果として結婚は出来なかったかもしれないけど波瀾万丈な人生ほど、人は強くなれる。

人生まだ半分も終わってませんよ^^
まだまだこれからでしょ!!


…ってなんかエンディングみたいなコメントになってるね^^;
ちょっとしゃべりすぎた(-_-;)
失礼しました。。。

投稿: DioZX | 2008.03.12 15:58

気を失うほど、当時は好きだったのね(T-T)
そうだよね・・・指輪渡されたのに別れようって言われても
脳でも心でも処理出来ないよね(´∩`。)

ポチ応援♪( ´∀`)σポチッ

投稿: プリ子 | 2008.03.12 17:06

>リアル★さんへ
うん。。。まだ若かったし、アイツ一筋だったかな、この頃は。

>ちみにゃんさんへ
うん。私も、ある意味忘れられない男だよ!!
こうやってブログ書いてる時点で、毎日思い出してるし、時々イライラするよ。

>あんみつさんへ
まさに、天国から地獄、への瞬間でした。昨日は思い出して泣いちゃったんだ~、実はcoldsweats01

>DioZXさんへ
付き合った事は後悔してないし、出会えて良かったと今でも思ってます。
気を失っちゃったのは、きれいに書いちゃったけど、ただパニックになっちゃっただけかな?
子どもの時、よく貧血起こしてたし、倒れやすいので、そんな理由もあるのでしたcoldsweats01

>プリ子さんへ
なぜ、そのタイミングで言わなければいけなかったのか。
私の気持ちなんか考えてないんだよね。
自己中?というか・・・
訳分かりません・・・

投稿: maomano | 2008.03.12 21:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513514/11182428

この記事へのトラックバック一覧です: #60.突然の別れ(2):

« #59.突然の別れ(1) | トップページ | #61.突然の別れ(3) »