« #107.妊娠(10) | トップページ | #109.妊娠(12) »

#108.妊娠(11)

通っていた婦人科では、

先生の診察の前に、看護婦さんの問診があり、

それ専用の個室もありました。

そこでは、毎回簡単に、体調など聞かれ、

カルテに記入していました。

いつものように、診察券を出して待っていると

私は、看護婦さんに呼ばれ、その個室へ、、、、

そこで私は、『妊娠を続けられなくなった』と伝えました。

看護婦さんは、驚いた顔をして、

その後、淋しげな表情に変わり、

看護婦さん「・・・そうですか・・では、先生に伝えておきますね」

とだけ言いました。

そして私は、その個室を出て、再び待合室へ

戻りました。

しばらくして、診察室へ呼ばれました。

中にはすでに、先生が座って待っていて

じっと私を見ていました。

私は、罪悪感から、先生の顔を見る事ができず、

うつむいたまま椅子に座りました。

先生「・・・真緒さん、事情は聞きましたが・・・

本当に、いいんですか?」

真緒「・・・はい」

「そうですか・・・」

先生は、手術までの経過を説明してくれました。

手術の数日前に、子宮の入り口に管のようなものを入れる事、

それは手術を行う上で必要である事、

これ以上大きくなると初期手術ができなくなるため、

なるべく早い方がいい事、など・・・・・

「とりあえず、子宮の様子を見ましょう」

いつものエコー診察を受けました。

そこで私は、モニターを見て驚きました。

           つづく

読んでくれてありがとう

また来てね

↓クリックしてくれると嬉しいです

|

« #107.妊娠(10) | トップページ | #109.妊娠(12) »

「妊娠」カテゴリの記事

コメント

やっぱり、辞退したんだね・・・(T-T)
親子共々、辛かっただろうに。
こんな辛い場所に一人で立たされている時に
アイツは何をやってるんだか(#`皿´)ノ

続き気になりまする。
応援(T-T)σ ポチッ

投稿: プリ子 | 2008.05.08 23:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« #107.妊娠(10) | トップページ | #109.妊娠(12) »