« #115.中絶(4) | トップページ | #117.(中絶6) »

#116.中絶(5)

おぼろげな意識の中、

どこか遠くの方で、

女の人の声が聞こえました。

「・・・・・そろそろ目覚めると思いますから」

「・・・・あ、はい・・・」

ぼんやりと、白い天井が見えました。

「・・・・・・真緒!!」

・・・・・・・アイツくん・・・???

声のする左側を見ると、

アイツがベットの隣に座って、

心配そうにこちらを見ていました。

「・・・・・・終わったの?」

「・・・・・うん」

「・・・・・・赤ちゃんは・・・・?」

「ほんとに、ごめんね・・・・・」

・・・・・・・・・・・・・。

もう、お腹の中に、いないんだ・・・・・

守ってあげられなくて、ごめん・・・・

本当に、ごめんなさい・・・・・・

そう思うのと同時に、お腹に張るような痛みが

し始めました。

それと同じ位の、いいタイミングで

看護婦さんが入ってきました。

「あら、目が覚めたようね。

じゃあ、お薬のんで、大丈夫なようなら

いつでも帰っていいわよ。

・・・・・ちょっと待っててね。」

そういうと、看護婦さんはまた部屋からでていきました。

しばらくすると、

焼きたてのような温かいパンと、お茶と、薬を持って

また入ってきました。

・・・・・・・なんの薬だったかは、忘れてしまいましたが・・・・

とても温かく、おいしいパンだった記憶があります。

お腹が痛いのは、「あった物がなくなったんだから」

との事でした。

           つづく

|

« #115.中絶(4) | トップページ | #117.(中絶6) »

「中絶」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« #115.中絶(4) | トップページ | #117.(中絶6) »